飲食店開業の豆知識

  1. HOME
  2. 飲食店開業の豆知識

知っておこう! 飲食店開業までの豆知識

知っておこう! 飲食店開業までの豆知識

飲食店を開業するにあたって、知っておくべきポイントや知識は膨大にあります。「開業したい」という強い想いを実現するために、まずは基本的な知識を身に付けて店舗開業に役立てましょう。また、2店舗目・3店舗目をお考えのオーナー様は、最初の開業時以上の充分な知識が必要になります。

 

こちらのページでは、飲食店開業に関する流れにそってご紹介します。資金調達を始めとした多くの知識をぜひ店舗作りにお役立てください!

事業内容や規模、起業後のビジョン、そして必要になる資金を明確化します。
店舗を作るにあたって必要になる5W2Hを明確にします。
理想とする店舗に合った物件を慎重に選びます。
より良い素材仕入れルートを決定し、店舗に合った素材調達方法を考えます。
より理想に近い店舗を設計するために、業者や内装、コストなどを熟慮します。
店舗を成り立たせるのは「人」です。自分自身の代わりに経営を行える店長や、顧客満足に直結する従業員の教育など、多くのことを決定する必要があります。
ついに開店! 多くの人に知ってもらうために、より効果的な広告を打ち出すことが必要です。

出店プランはどうやって作る

  1. 事業内容・規模を決定!
    自分の持つ能力や技術、得られる援助などを明確にし、現状でどれだけのものが揃っているのかを確認して規模を決定しましょう。
  2. 起業後のビジョン明確化!
    どのくらいの収入を得たいのか、実際に自分はどれくらい働けるのか、そして同居する家族との関係をどうしていきたいのか明確にしましょう。
  3. 必要資金の明確化!
     
出店を成功に導く開業計画書のつくり方

「開業計画書」には、数字では表せない店舗の完成イメージである「店舗コンセプト」と、数字で表せる完成イメージ「収支計画」の2つが必要です。この2つに矛盾がなく、しっかり整合性がとれていることが良い開業計画書の必須条件です。

 

整合性がなかなかとれない場合、店舗デザインと想定客単価が合っていなかったり、店舗の完成イメージが固まっていなかったりといった問題点が考えられます。開業計画書を作るために明確にしておかなければならないことが、店舗のコンセプトなのです。

このページのトップへ

コンセプトの基本は5W2H!

その店舗に合わせたコンセプトを作るための基本は、目標や出店立地、投資額などをハッキリと定めた「5W2H」です。どんな店舗を何のために作って、どうしたいのか。そこから考えて2店舗目の成功を目指しましょう。

Why 何のために店舗を作るのか
What その店舗では何を取り扱うのか
When 営業時間はどうするのか
Where どこに出店するのか
Who ターゲットになる客層はどこなのか
How どのようにして売り上げを上げるのか
Howmuch 商品をいくらで売るのか

このページのトップへ

物件選びはこうやって行いましょう

  1. 良い立地を選ぶ

    まずは店舗の条件(周辺の環境や道路からの視認性、坪数、土地形状、家賃など)を明確にして情報収集します。ただ単に新しいだけの物件や家賃の安さだけにまどわされないように気を付けましょう。ポイントとしては、以下のような土地がオススメです。

    • 住宅街やオフィス街が近い
    • 多くの人が往来する
    • 近隣に繁盛店がある
    • 駐車場スペースを確保しやすい
    • 競合となる店舗が近くにない
    • コストが予算と合う
    • 大家さんとコミュニケーションが取りやすい etc…
  2. 居抜き物件・スケルトン物件の検討

    飲食店に使用する物件の選択肢として、厨房などが付いた「居抜き物件」と設備を付ける前の状態の「スケルトン物件」があります。どちらがこれから作る店舗に相応しいのか、メリット・デメリットを明確にして考えましょう。

      居抜き物件 スケルトン物件
    メリット
    • 設備費用が抑えられる
    • 内装がそのまま使える
    • 素早い開業が可能
    • 初期費用が安い
    • こだわったレイアウトが可能
    • 施工計画によって、居抜き物件よりも安価になる
    デメリット
    • レイアウトの自由度が低い
    • 既存の設備で問題が生じやすい
    • 開業前に修理が必要になることがある
    • 何もない状態なのでコストがかかる
    • 転売時に居抜きにすることができないため、解体費用がかかる
  3. 家賃交渉を行う
    家賃交渉を行うことでコスト削減が可能になる場合もあるため、専門家に依頼して交渉を行う。

このページのトップへ

素材調達のポイントとは?

素材調達には、店舗のコンセプトやこだわりに合わせたさまざまな方法があります。店舗によりマッチした調達方法を確立しましょう。

  1. 手間をかけて調達
    とにかく素材にこだわったメニューを作るために、詳しい流通情報を入手しながら手間をかけて素材を集める方法です。
  2. 手間を省いた調達
    人件費を削減し、スピードを上げられる調達方法で、冷凍食品や加工済みの素材を調達します。
  3. コストを抑えた調達
    通常の店舗であれば使用しない素材を仕入れたり、売れ残り品を安くしてもらったりするなどしてコストを下げる方法です。
  4. こまめな調達
    近隣の専門店を利用して、こまめに素材を仕入れる方法です。付き合ううちに、何かと融通が利くようになります。

このページのトップへ

店舗設計はこんなことがポイント!

  1. 依頼する業者の実績確認

    規模によって異なりますが、飲食店の店舗設計には場合によっては数千万円という資金が必要になるため、まずは信頼できる知人や同業者などから紹介してもらい、実績を確認しましょう。

  2. 内装の選定

    店舗の内装で使用する厨房機器には、新品が必要なものと中古で間に合うものがあります。初期費用を抑えるためにも中古が活用できる部分は中古にすべきでしょう。

  3. コストと品質を考える

    設備を中古にするか新品にするかなどを選択します。初期費用で考えれば中古はコスト削減になりますが、中長期的に見れば故障の心配がない分、新品の方が安い場合もあります。目的に応じて購入方法を選択しましょう。

    • コストを重視する場合……中古の厨房機器を購入する
    • 品質を重視する場合……メーカーや専門業者から、新品を直接購入する
    • コストと品質のバランスをとる場合……卸業者に値引きをお願いして購入する

このページのトップへ

人材の採用と教育は重要です!

  1. 従業員採用・教育

    従業員の接客は収益に直結する大きなポイントです。トラブルが起こらないようにするだけでなく、接客担当者のモチベーションを上げて接客スキルの向上を目指す必要があります。

     

    具体例としては、接客時の動作や言葉遣いなどの既存マニュアルを排除し、各自で考えて臨機応変に対応できる体制を作ることが挙げられます。また、マニュアルにはない、お客様目線に立ったパーソナルサービスを取り入れることも効果的です。

  2. 店長の採用

    2店舗・3店舗と作っていくうちに必要になるのが、経営者の代わりにリーダーシップがとれる人物です。店長がいるかいないかで、その店舗の成長スピードや成長確率は大幅に変わります。信用できる人柄やリーダーシップなど、さまざまな観点から見て店長を雇いましょう。

  3. パート・アルバイトの採用

    明確な採用基準を定めたうえで採用活動を行います。その際に、給与や服務規定などまでしっかり決定しておくことがポイントです。

このページのトップへ

広告で多くの人に知ってもらいましょう!

  1. 開業前の告知広告

    新聞折込などを利用して、店舗のオープンイベントなどと組み合わせるのが一般的です。広告費用を削減するなら、制作や配布を自分たちでやるなど使い分けをします。

  2. 固定客化への工夫

    割引券やポイントカードなどを作成し、来店したお客様に再来店してもらうための工夫をします。

  3. インターネットの活用

    ウェブサイトの制作やインターネット上での予約受付などを行い、店舗の認知を図りましょう。モバイルなども積極的に活用することで若年層への訴求も狙えます。

     

    広告のポイントは、「どのように知ってもらうか」ということに集約されます。より良いブランディングを図るための方法を熟慮しましょう。

ご相談・お問い合わせ

このページのトップへ